2014年09月10日

「気になる」からさかのぼっていくと・・・

「言葉遣いを間違えないかと心配ですか?」

「こんな言葉遣いの間違いをしていませんか?」


とある広告会社がテストしたものです。

うえの二つの文章を見て、
どちらが申し込みが多かったと思いますか?

2番目のほうが、
はるかに多くの申し込みと問い合わせがありました。


両者の違いはなんでしょう?

1つ目は、すぐに教材でも売りつけられるかのような流れですね。

2つ目は、「こんな」という言葉が入っていますので、
どんな例えがあるのかな?
と、興味を引きやすい文章になっています。


コピーライティングにおいては、
文章を読ませることが重要です。

読んでもらえなければ何も始まりません。

文章を書く上で、
読み手に対して興味を持たせる書き方をするのが、
コピーライティングの鉄則です。


たとえば、

「あなたはこんな過ちを犯していませんか?」

と書かれていれば、

「私って気づいていないところで何かやっているかも」

と思って、どれどれ?と次の文章を読みに行きますよね?


人はみな興味の示すことには視線を向けます。

興味のない事や面倒なことからは視線をそらします。

なぜ、人は視線を向けるのか?

この点に注意して、
日ごろの行動を観察していると、
面白い発見ができるかもしれません。


電気屋さんや八百屋さんでも結構です。

広告には人の目を引くような、
様々な工夫がされていると思います。

「なんでわたしはこの広告に目がとまったのかしら?」

「この広告は面白いなぁ。」

どうして視線が向かったのかなぁ?

その理由を探ることを、
日課のようにやっていくと、
新たな「気づき」が見えてくるかもしれません。

たとえば、

「これは絶対に見ないでください」

と書かれていたらどうです?

見たくなりますよね(笑


見出しに対しても、
人間の心理を逆手に取ったテクニックを生かすことで、
相手の好奇心を刺激し、
視線を留まらせることが可能になるのです。


パンダを見るのに、
人は行列を作ってまで並んで見ますよね。

見せる側としては、
短時間でたくさんの人に見てもらいたいです。

なので、
パンダが見える近くには、
説明用のPOP等は一切置かないのです。

置いてしまうと、
行列の流れが滞ってしまいますからね。


人の行動を心理学的な面で、
さかのぼって探求していくことで、
効率の良いPRの仕方が見えてくることでしょう。


最近文字の飾りが面倒になってきたので(笑
今日はシンプルにしました。


コピーライティングを勉強されたい方は、
右上の教材をお勧めしてます。

教材はPDFでは無く、
音声ファイルなので、
聞き流すことでも知識は増えていきます。

是非お試しくださいませ♪




posted by 影武者 at 00:00| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: