2014年09月12日

決断を迫るクロージング!

今日はクロージングコピーについてです。

欲しいと思った人へ、確実に商品を買ってもらうには、
とても重要なエリアになります。

あなたは「期間限定」という言葉に弱かったりしませんか?

私は弱いです(笑

今買わないと安く買えない!
今買わなければ損をする!

わたしに限らず、あなたもきっとそう思うことでしょう。

上の例は、
スーパーや電気屋さんなど、
小売店でよくみられるフレーズです。

たとえばタイムセールも同じですよね。

この時間帯でしか安く買えない!

お客様は今買わないと!という心理が働きます。


では別の例をあげましょう。

先生が学生に対しレポート提出を求めています。
3つのグループに分けて、
それぞれに期限を言い与えました。
最終的な期限は皆同じですが、
違いは以下の通りです。

1.レポートの提出は最終日に間に合わせてくれればOK
2.レポートの締め切りをいつにするかを学生に宣言させる。
3.レポートの締め切りを宣言し、遅れると減点になる。

すると、3.の学生が一番成績が良かったのです。
1.は期限に間に合わない学生が続出したそうです。
2.よりも3.のほうが効果がありました。


人は、明らかに早く決断したほうが良いことが明確な場合でも
決断を先送りにしてしまいます。
そして、人に決断をしてもらう効果的な方法は、
「そうするべき動機づけを与え背中を押してあげること」
だということです。
この「背中を押す」という行為が、
クロージングにとって重要になります。


クロージングを怠ると何も売れない


商品が良ければ、お客様は自然と買ってくれる。
だからわざわざクロージングを迫るようなことはしなくてもいい。

私はそんな風に思っていたことがありました。

ですが、結果は全く売れず、
上に書いたようにきちんとクロージングをしっかり書くことで、
申込みがグンとあがったのです。

でも中には、押しつけがましく思われてしまう場合もあるので、
これはセールストーク上で使用するのは
雰囲気を考えて使うのが良いと思います。

買おうと思っていないお客様に対しては、
逆効果になることもあるからです。


クロージングでは
「魅力的なオファーをする」ことが大事です。

魅力的でなければ、お客様の心を刺激できません。

最初に書いたように、
「期間限定」
というのは、希少性を示します。

あなたは今買わなければ、
現時点での価値が失われると判断します。

今買わないと!

そう思わせるテクニックですね。

これに、無料で何かを与えておいてから、
このフレーズを言うと、
もっと効果的になると思います。

「返報性の原理」+「クロージング」

テクニックは組み合わせることで、
器用力な武器にもなります。


他にも必要なテクニックはありますが、
そこはまた追々お話ししたいと思います。


posted by 影武者 at 09:20| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、デラです。

魅力的なオファーをするということを
念頭に置いて、色んなことを
実践していきたいですね。

クロージングも身に着けていきたい
次第です。

また遊びに伺います。
応援ぽちっと。
Posted by デラ at 2014年09月14日 07:22
デラさん、ご訪問有難うございます。

お客様の心をガッツリ掴むには、色々実践していくことで自然と身につくと思います。

一連の流れを覚えてしまえば、あとは楽になりますからね♪

応援ありがとうございます♪
Posted by 影武者 at 2014年09月15日 07:09
突然の書き込み失礼いたします。
無料オファー&スキルアップの最新情報をすべて共有するブログを運営している、あきろうと申します。

この度貴サイト様のブログを拝見しまして、
大変興味深く、ぜひとも、相互リンクさせていただきたくご連絡いたしました。

誠に勝手ながら私のサイトで、リンク掲載させていただきました。
大変恐縮でございますが、お許しください。

また、ブログランキングも応援させていただきました!
もしよろしければ、今後、相互応援をおねがいいたします。


以下は、私のサイト内容となります。

【サイト名】無料オファー&スキルアップの最新情報をすべて共有するブログ
【URL】http://akiro1117.blog.fc2.com/
【紹介文】秘密のレポートを、毎日暴露していきます。お金が無くても稼げる無料オファー&スキルアップの最新情報を共有していきます。
現在は、「8種の神器などの稼げるツール」をプレゼントしております。
Posted by あきろう at 2014年09月25日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: