2014年09月15日

「あなたの購買意欲にインパクトを与える言葉」

今日は、

「あなたの購買意欲にインパクトを与える言葉」

をお話します。


相手の心に響かない文章、
これは間違って全部読んでくれたとしても、
もう二度と読み返すことはないですよね。
恐らく全部読んでくれる人すらいないはずです。

じゃあどうするか?

答えは簡単です。

相手の心に響かせるんです。



「私はお金をもらいました」

これを聞いて興味を持ちますか?

持たないですよね?

具体的に書くようにしましょう。


「私は2014年9月15日、◯◯スーパーにある宝くじ売り場で
宝くじを買ったら、3等100万円が当たりました!」


このほうが具体的になり、情報も書かれているので読み手の想像を膨らますことができます。


次に単語を強烈な印象のものにする(引き金単語)


「私はアフィリエイトをしたら10万円手に入れました」

具体化と単語単語を強烈な印象のものに置き換えていくと、
だいぶ印象が変わります。

「私は1日10分パソコンをカタカタと打つだけで、
1か月後には10万円の現金収入を得ることができました」

具体的に書くことと、類義語を使ったインパクトの有る単語を使うことで、
相手に与える印象は強いものになります。

また動作も想像しやすいような擬音を使ってみるのも効果的です。




余談ですが、

私は昨日、とある公園で、
プロフィール写真用の撮影をしてきたのですが、
依頼者の方が携帯を忘れてしまって、
時間になっても現れず、あたふたしてしまいました。

でも、お互い何となく待ち合わせに最適な場所をイメージして、
そこで待つようにしたら、相手の方も3分後に訪れてきてくれて、
無事に撮影を始めることができましたw

今の時代、スマホが無いと途端に不便さを感じる、
便利過ぎるのも良いような悪いようなですね。


で、撮ってきた写真をお相手の方に納品し、
早速FBのプロフ写真で使っていただいたところ、
思いもよらぬ反響があり、お陰様で
別の方からもご依頼を頂くことができました。

この方は、
私が無料で撮った方の写真を観て、
私も同じように撮って欲しいです、とご依頼下さいました。

最初に撮影をさせていただいた方々は、
無料で撮影させていただいたのですが、
何名かにプロフ写真を使用して頂いたことで、
それを観た方がご依頼くださるケースが増えました。


この「無料で」というのがポイントですね。


多くの方に知ってもらうために、まずは無料で提供します。
無料でキレイな写真を撮ってもらえるなら撮りたいって思いますよね。

すると口コミでだんだんと広まり、
依頼の数が増えてくるようになりました。
広告費を払わずに宣伝ができているわけです。



写真は見るだけで、
「ああイイなぁ!」
「こんなキレイな写真、私も撮ってもらいたいなぁ!」
という気持ちにさせることが出来ます。

文章を書くより簡単です(笑

もちろんキレイな写真を撮る技術があるから、
そう言える話なのですが、
こんなやり方も、一つあるというのを覚えておくと、
写真や絵でも相手の心を動かすことが可能になりますので参考にされてください。

ブログ記事に、
内容をイメージする写真や絵を挿入するだけでも、
想像をふくらませることが出来るので、
これもオススメです。


最初の例にあげた宝くじを買った場面ならば、
買った直後に現金を手に入れたイメージをふくらませるために、
「札束を持った写真」などを挿入するのもアリかと思います。


posted by 影武者 at 07:45| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: