2014年09月15日

「あなたの購買意欲にインパクトを与える言葉」

今日は、

「あなたの購買意欲にインパクトを与える言葉」

をお話します。


相手の心に響かない文章、
これは間違って全部読んでくれたとしても、
もう二度と読み返すことはないですよね。
恐らく全部読んでくれる人すらいないはずです。

じゃあどうするか?

答えは簡単です。

相手の心に響かせるんです。



「私はお金をもらいました」

これを聞いて興味を持ちますか?

持たないですよね?

具体的に書くようにしましょう。


「私は2014年9月15日、◯◯スーパーにある宝くじ売り場で
宝くじを買ったら、3等100万円が当たりました!」


このほうが具体的になり、情報も書かれているので読み手の想像を膨らますことができます。


次に単語を強烈な印象のものにする(引き金単語)


「私はアフィリエイトをしたら10万円手に入れました」

具体化と単語単語を強烈な印象のものに置き換えていくと、
だいぶ印象が変わります。

「私は1日10分パソコンをカタカタと打つだけで、
1か月後には10万円の現金収入を得ることができました」

具体的に書くことと、類義語を使ったインパクトの有る単語を使うことで、
相手に与える印象は強いものになります。

また動作も想像しやすいような擬音を使ってみるのも効果的です。




余談ですが、

私は昨日、とある公園で、
プロフィール写真用の撮影をしてきたのですが、
依頼者の方が携帯を忘れてしまって、
時間になっても現れず、あたふたしてしまいました。

でも、お互い何となく待ち合わせに最適な場所をイメージして、
そこで待つようにしたら、相手の方も3分後に訪れてきてくれて、
無事に撮影を始めることができましたw

今の時代、スマホが無いと途端に不便さを感じる、
便利過ぎるのも良いような悪いようなですね。


で、撮ってきた写真をお相手の方に納品し、
早速FBのプロフ写真で使っていただいたところ、
思いもよらぬ反響があり、お陰様で
別の方からもご依頼を頂くことができました。

この方は、
私が無料で撮った方の写真を観て、
私も同じように撮って欲しいです、とご依頼下さいました。

最初に撮影をさせていただいた方々は、
無料で撮影させていただいたのですが、
何名かにプロフ写真を使用して頂いたことで、
それを観た方がご依頼くださるケースが増えました。


この「無料で」というのがポイントですね。


多くの方に知ってもらうために、まずは無料で提供します。
無料でキレイな写真を撮ってもらえるなら撮りたいって思いますよね。

すると口コミでだんだんと広まり、
依頼の数が増えてくるようになりました。
広告費を払わずに宣伝ができているわけです。



写真は見るだけで、
「ああイイなぁ!」
「こんなキレイな写真、私も撮ってもらいたいなぁ!」
という気持ちにさせることが出来ます。

文章を書くより簡単です(笑

もちろんキレイな写真を撮る技術があるから、
そう言える話なのですが、
こんなやり方も、一つあるというのを覚えておくと、
写真や絵でも相手の心を動かすことが可能になりますので参考にされてください。

ブログ記事に、
内容をイメージする写真や絵を挿入するだけでも、
想像をふくらませることが出来るので、
これもオススメです。


最初の例にあげた宝くじを買った場面ならば、
買った直後に現金を手に入れたイメージをふくらませるために、
「札束を持った写真」などを挿入するのもアリかと思います。


posted by 影武者 at 07:45| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

「気になる」からさかのぼっていくと・・・

「言葉遣いを間違えないかと心配ですか?」

「こんな言葉遣いの間違いをしていませんか?」


とある広告会社がテストしたものです。

うえの二つの文章を見て、
どちらが申し込みが多かったと思いますか?

2番目のほうが、
はるかに多くの申し込みと問い合わせがありました。


両者の違いはなんでしょう?

1つ目は、すぐに教材でも売りつけられるかのような流れですね。

2つ目は、「こんな」という言葉が入っていますので、
どんな例えがあるのかな?
と、興味を引きやすい文章になっています。


コピーライティングにおいては、
文章を読ませることが重要です。

読んでもらえなければ何も始まりません。

文章を書く上で、
読み手に対して興味を持たせる書き方をするのが、
コピーライティングの鉄則です。


たとえば、

「あなたはこんな過ちを犯していませんか?」

と書かれていれば、

「私って気づいていないところで何かやっているかも」

と思って、どれどれ?と次の文章を読みに行きますよね?


人はみな興味の示すことには視線を向けます。

興味のない事や面倒なことからは視線をそらします。

なぜ、人は視線を向けるのか?

この点に注意して、
日ごろの行動を観察していると、
面白い発見ができるかもしれません。


電気屋さんや八百屋さんでも結構です。

広告には人の目を引くような、
様々な工夫がされていると思います。

「なんでわたしはこの広告に目がとまったのかしら?」

「この広告は面白いなぁ。」

どうして視線が向かったのかなぁ?

その理由を探ることを、
日課のようにやっていくと、
新たな「気づき」が見えてくるかもしれません。

たとえば、

「これは絶対に見ないでください」

と書かれていたらどうです?

見たくなりますよね(笑


見出しに対しても、
人間の心理を逆手に取ったテクニックを生かすことで、
相手の好奇心を刺激し、
視線を留まらせることが可能になるのです。


パンダを見るのに、
人は行列を作ってまで並んで見ますよね。

見せる側としては、
短時間でたくさんの人に見てもらいたいです。

なので、
パンダが見える近くには、
説明用のPOP等は一切置かないのです。

置いてしまうと、
行列の流れが滞ってしまいますからね。


人の行動を心理学的な面で、
さかのぼって探求していくことで、
効率の良いPRの仕方が見えてくることでしょう。


最近文字の飾りが面倒になってきたので(笑
今日はシンプルにしました。


コピーライティングを勉強されたい方は、
右上の教材をお勧めしてます。

教材はPDFでは無く、
音声ファイルなので、
聞き流すことでも知識は増えていきます。

是非お試しくださいませ♪


posted by 影武者 at 00:00| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

信者ライティング

あっという間に次から次へと文章が湧き出てくる、
そんなコピーライティングの知識を手に入れてみませんか?…


短時間でラクして長い文章が書ける方法は何かあるの?

…はい、ありますよ。


あなたは長文を書くスピードがアップしたり、
会話の中で出てくる言葉もスラスラと出てきたり、
また読書感想文が苦手な人も
原稿用紙5枚くらいは
余裕で書くことができます。

私でさえ出来たのですから、きっと出来るはずです。

私自身、漫画本も買った事が無いくらい、
本を読むのが苦手でした。
なので、文章を書くのは超苦手です。

実際ネットビジネスを
始めたときに

「コピー教材があれば良いのになぁ」

と思っていました。

同じようなことで悩んでいる人は
多いと思います。

本を読んでも、ネットビジネスに
最適化されていないので、分かり
にくいし、

教材を買っても一部しか学ぶことが
出来なかったり、レベルが高すぎたり…

それらの悩みを解決するのが
この信者ライティングです。

内容は6章構成になっています。

1章 マインドセット@
2章 マインドセットA
3章 テクニック
4章 信者ライティング
5章 非常識ライティング
6章 テンプレート編
  
これを聞いて、
あなたもスラスラと書けるようになってみませんか。
頭にすんなりと入ってくるので、
きっとあなたの役に立つ事でしょう。

私は今では1000越えの文章も
スラスラ書けるようになりました。

毎日ブログの記事を書くのに、
いろんなネット記事を徘徊して、
何を書こうかな・・・

どんな記事にすれば良いのかわからないなぁ・・・
など無駄な時間を過ごす事が多かったです。


でも、このテクニックさえ知っていれば、
意外と書けるようになるものです。

これを知ってると知らないとでは、
苦手な人にとっては大きな差になります。


この商材もいつ無くなることかわからないので、
今のうちの購入されることをおすすめします。
きっとあなたの役に立てる商材です。

ブログ右上にリンクを張っておきましたので、
興味のある方は是非購入してみてください。

影武者
posted by 影武者 at 00:00| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。