2014年09月12日

決断を迫るクロージング!

今日はクロージングコピーについてです。

欲しいと思った人へ、確実に商品を買ってもらうには、
とても重要なエリアになります。

あなたは「期間限定」という言葉に弱かったりしませんか?

私は弱いです(笑

今買わないと安く買えない!
今買わなければ損をする!

わたしに限らず、あなたもきっとそう思うことでしょう。

上の例は、
スーパーや電気屋さんなど、
小売店でよくみられるフレーズです。

たとえばタイムセールも同じですよね。

この時間帯でしか安く買えない!

お客様は今買わないと!という心理が働きます。


では別の例をあげましょう。

先生が学生に対しレポート提出を求めています。
3つのグループに分けて、
それぞれに期限を言い与えました。
最終的な期限は皆同じですが、
違いは以下の通りです。

1.レポートの提出は最終日に間に合わせてくれればOK
2.レポートの締め切りをいつにするかを学生に宣言させる。
3.レポートの締め切りを宣言し、遅れると減点になる。

すると、3.の学生が一番成績が良かったのです。
1.は期限に間に合わない学生が続出したそうです。
2.よりも3.のほうが効果がありました。


人は、明らかに早く決断したほうが良いことが明確な場合でも
決断を先送りにしてしまいます。
そして、人に決断をしてもらう効果的な方法は、
「そうするべき動機づけを与え背中を押してあげること」
だということです。
この「背中を押す」という行為が、
クロージングにとって重要になります。


クロージングを怠ると何も売れない


商品が良ければ、お客様は自然と買ってくれる。
だからわざわざクロージングを迫るようなことはしなくてもいい。

私はそんな風に思っていたことがありました。

ですが、結果は全く売れず、
上に書いたようにきちんとクロージングをしっかり書くことで、
申込みがグンとあがったのです。

でも中には、押しつけがましく思われてしまう場合もあるので、
これはセールストーク上で使用するのは
雰囲気を考えて使うのが良いと思います。

買おうと思っていないお客様に対しては、
逆効果になることもあるからです。


クロージングでは
「魅力的なオファーをする」ことが大事です。

魅力的でなければ、お客様の心を刺激できません。

最初に書いたように、
「期間限定」
というのは、希少性を示します。

あなたは今買わなければ、
現時点での価値が失われると判断します。

今買わないと!

そう思わせるテクニックですね。

これに、無料で何かを与えておいてから、
このフレーズを言うと、
もっと効果的になると思います。

「返報性の原理」+「クロージング」

テクニックは組み合わせることで、
器用力な武器にもなります。


他にも必要なテクニックはありますが、
そこはまた追々お話ししたいと思います。


posted by 影武者 at 09:20| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

自分自身を見つめなおす

今日は仕事が休みなので、
気分的に穏やかな過ごし方をしています。
特に今日は、普段は仕事をしている平日だからです。

こういう日は、
自分自身を見つめなおす、
良いきっかけになります。

普段だと、
子どもたちがワーキャー騒いで、
集中できる環境にありません(笑

ですが、
今日は子どもたちも幼稚園に行っているので、
自分自身に集中できる良い機会です。


昨日までは、一気に頭を使っていたので、
そういう時は必ずミスを犯しやすくなります。

ブログの記事を書いていても、
タイプミスや、同じ内容を繰り返していたり、
後になって気づくことが沢山あります。

今日は、仕事のことは一切忘れ、
頭をリフレッシュする、
そんな一日にしたいですね。

そういう状態に自分がなれた時、
改めて自分自身を見つめなおすと、
新たな気付きが生まれてくるものです。

そこからまた新たなスタートを切りましょう。


posted by 影武者 at 00:00| Comment(2) | 自己管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

「気になる」からさかのぼっていくと・・・

「言葉遣いを間違えないかと心配ですか?」

「こんな言葉遣いの間違いをしていませんか?」


とある広告会社がテストしたものです。

うえの二つの文章を見て、
どちらが申し込みが多かったと思いますか?

2番目のほうが、
はるかに多くの申し込みと問い合わせがありました。


両者の違いはなんでしょう?

1つ目は、すぐに教材でも売りつけられるかのような流れですね。

2つ目は、「こんな」という言葉が入っていますので、
どんな例えがあるのかな?
と、興味を引きやすい文章になっています。


コピーライティングにおいては、
文章を読ませることが重要です。

読んでもらえなければ何も始まりません。

文章を書く上で、
読み手に対して興味を持たせる書き方をするのが、
コピーライティングの鉄則です。


たとえば、

「あなたはこんな過ちを犯していませんか?」

と書かれていれば、

「私って気づいていないところで何かやっているかも」

と思って、どれどれ?と次の文章を読みに行きますよね?


人はみな興味の示すことには視線を向けます。

興味のない事や面倒なことからは視線をそらします。

なぜ、人は視線を向けるのか?

この点に注意して、
日ごろの行動を観察していると、
面白い発見ができるかもしれません。


電気屋さんや八百屋さんでも結構です。

広告には人の目を引くような、
様々な工夫がされていると思います。

「なんでわたしはこの広告に目がとまったのかしら?」

「この広告は面白いなぁ。」

どうして視線が向かったのかなぁ?

その理由を探ることを、
日課のようにやっていくと、
新たな「気づき」が見えてくるかもしれません。

たとえば、

「これは絶対に見ないでください」

と書かれていたらどうです?

見たくなりますよね(笑


見出しに対しても、
人間の心理を逆手に取ったテクニックを生かすことで、
相手の好奇心を刺激し、
視線を留まらせることが可能になるのです。


パンダを見るのに、
人は行列を作ってまで並んで見ますよね。

見せる側としては、
短時間でたくさんの人に見てもらいたいです。

なので、
パンダが見える近くには、
説明用のPOP等は一切置かないのです。

置いてしまうと、
行列の流れが滞ってしまいますからね。


人の行動を心理学的な面で、
さかのぼって探求していくことで、
効率の良いPRの仕方が見えてくることでしょう。


最近文字の飾りが面倒になってきたので(笑
今日はシンプルにしました。


コピーライティングを勉強されたい方は、
右上の教材をお勧めしてます。

教材はPDFでは無く、
音声ファイルなので、
聞き流すことでも知識は増えていきます。

是非お試しくださいませ♪


posted by 影武者 at 00:00| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。